マコモについて調べたこと。

稲マイブーム

最近の自分の体調不良から、

自然療法や健康食品の情報が気になるようになりました。

その中の一つにマコモという健康食品というか(お茶)があります。

前回の記事で少しご紹介したと思いますが、

今回はそのマコモについて書いていきたいと思います。

マコモって何?

マコモははるか昔から存在していました。

今、マコモって何?と聞かれると、

  • 原料はイネ科の植物
  • 出雲大社の大きなしめ縄になっている。
  • 神道の祓い祝詞にもマコモを意味する言葉がある。
  • お釈迦様も病人に対してマコモを使って治したという話がある。
  • 商品としてのマコモは粉状であり、マコモ菌であり生き物であるから意識がある
  • マコモの原料は発酵段階の特許製法でマコモ菌にかわる
  • マコモ菌はとても珍しく、あらゆるものと調和する。
  • よってそのまま置いてても腐れない。
  • 普通菌は熱で死ぬが、マコモ菌は死なない。
  • 生命に有害な物質に対し、強力な解毒作用がある。
  • 生命を救う蘇生菌とも言われる。
  • 体だけでなく、菌として意識があるので心にも影響がある。
  • もちろん無農薬、無添加で、生命に無害。

というようなことが言われているようです。

他ネットで調べるとマコモダケやマコモ茶とありますが、

私が惹かれたのは株式会社リバーブさんのマコモです。

この商品にしかマコモ菌はないそうです。

マコモ菌の発見から商品化までは様々な苦労の時間があった。

マコモ菌の発見に至ったきっかけは、鳥の生態にあるそうです。

マコモ菌の創始者の方は、小野寺広志さんと言われます。

株式会社リバーブの現在の社長様のおじい様に当たるそうです。

場所は宮城県仙台市のとある湖。

創始者の方は、毎日湖に白鳥を観察しに行ってたそうです。

観察していくと、

傷を負った白鳥が、傷口に食べて吐き戻したマコモを詰めていたそうです。

そして、傷口が回復して白鳥が元気になるさまを、

何回となく見てきたそうです。

沼

そこでこの植物には何かあるということで、

色々と調べたり、人体実験をして確かめていったそうです。

マコモ以外の何千種類の植物などを調べたり、実験をしたそうです。

結果マコモ菌のようなものは、他に見つけることができなかったそうです。

そして創始者の方は、

このマコモ菌が生命を救うということを直感的に感じられたそうです。

神様からのお告げみたいなものも示されたそうです。

白鳥

マコモの4つの使い方

①いろいろなものに溶かして飲む。(水、お湯、コーヒー等)

②風呂に入れてマコモ風呂にする。

(お湯は長年入れ替えないでゴミだけ取るそうです。)

(風呂釜が壊れないように液体のお風呂用マコモがあります。)

③耳たぶ状に練ってシップとして使う。

(悪い所、傷、腫れているところに)

(一度練ったら腐れないので永遠に使えるそうです。)

④料理に使う。

(料理に使うとコクが出る、溶かした水に野菜を着けると農薬がとれる。)

コーヒー

そして最近、私はマコモに出会った。

マコモは○○に効くというと、薬事法違反になるそうです。

今現在も商品は沢山売れていますが、

効果についてはあまりネットでは語られていません。

ですが、知っている人は知っていてマコモ菌の虜になる人は多いようです。

笑顔

私も最近初めて出会ったマコモですが、まだ飲み始めたばかりです。

私はある販売サイトの動画を見て初めて知りました。

その時は、「健康食品は消耗品だしお金かかるよねー」

と思って買いませんでした。

ですが数日後、胃酸逆流症の症状が悪化して、

強い吐き気で苦しむようになりました。

吐き気というものは長く続くと、精神までやられます。

本当に、薬も飲んでいるのに、

「もう私は何も食べれないで、死ぬのでは」と思うようになりました。

このようになったのは今回が初めてです。

体調不良

そしてなぜか、わらにもすがる思いで、マコモを買って飲むようになりました

飲んで2日後吐き気はおさまっていきました。

他にも運動不足で、ここ数年手足が冷えるようになりました。

やはり体は温めた方がいいということで、マコモ風呂も始めてみました。

今後、私の体がどうなるかは、その都度書いていきたいと思います。

一番気になるのは、どういう効果があるのかということ。

藁にもすがる思いで、マコモを飲み始めたり、マコモ風呂を始めてみました。

体にいいとはわかっていても、

どのような経過をたどって健康になるのか、

は一番知りたいところでもあります。

ですが薬事法の関係で、

ネットで具体的な情報はあまり見つけることができませんでした。

それでもどうしても知りたくて、マコモについての本を買いました。

古本で、300円の値札が貼ってありました。

ですが私がAmazonで見つけた時、

残り一点で私が買った金額はその60倍です。(笑)

本

やはりとても情報の価値があるのだなあと感じました。

きっとマコモに出会った方は、

このような情報はぜひ知りたいと思っていることでしょう。

本を読んで知ったこと。感じたこと。

私が買った本は、

「マコモ革命耐熱菌の秘密・難病から脱出した百人の証言」

編著者:村川浩一

昭和57年2月20日第1刷発行

です。

これを引用元としておきます。

マコモの本表
マコモの本裏

この本を読んで私が知ったこと、感じたことを以下に書きます。

①健康になるには、マコモを飲んで、マコモ風呂に入るのが良い。

②マコモを使って一定期間たつと好転反応が出る。

③その好転反応は人によって様々違う。

体に毒をためているほど、好転反応は凄まじい。

⑤薬の服用期間が長いほど、健康になるまでに時間がかかる。

(目安として薬の服用期間の10分の一は最低かかる。)

⑥医者からももう助からないと言われた人ほど、劇的な体験をしている。

⑦本当に通院なし、薬なしの根本的な健康になるには、凄まじい体験をすることが多い。

⑧凄まじい体験とはマコモ風呂に気持ち悪いわかめのようなものの毒素が浮いてくる。

⑨凄まじい体験とは今までの症状よりひどくなることもある。

(発熱、痛み、腫れ、湿疹など症状は様々です。)

凄まじい体験をしても、マコモ信じてを使い続けることで、本当に健康になっていく

ハート

ということで、本当に根本から健康になるって大変だなあと感じました。

なぜなら、今となっては私たちの周りには有害な物だらけだからです。

本当に安全なものを見つけることの方が難しい時代となりました。

今後は

マコモを使ってみた私に、何か変化があったら書いていきますね。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の記事は下記をクリックしてください。↓↓↓

マコモ風呂とその後の体調の変化

タイトルとURLをコピーしました