進学校に通うも、恋愛にうつつを抜かした高校生活

男女プロフィール

友達と遊ぶことよりも、一人が好きで勉強は苦にはならなかった私。

中学生時代、私は3人兄弟の中で、一番成績が良かったです。

そこそこの成績だったので、公立高校の進学校を1つだけ受験して合格しました。

ですが本当に頭が良かったわけではありません。

中学校から定着した、一夜漬け勉強法

宿題や勉強が苦にならなかった私は、兄弟の中で一番成績が良かったので、

少しは親からの期待もあったかもしれません。

ですが、本当に頭が良かったわけではありません。

本当に、その勉強の内容が身についていたわけではありません。

私は勉強に関しての要領が良かっただけだった、と思います。

中学の勉強内容は、高校に比べてそれほど難しくありません。

参考書などに書いてある要点を理解すれば、そこそこに点数は取れます。

教科書を読んで、参考書を見て何が要点かを探すのが好きだったので、

成績が良かったのかもしれません。

また、私はその時だけの丸暗記が大変得意でした。

それで、いつもテストの点数は良かったです。

成績が良かったので、将来のことは何も考えず、とりあえず進学校に入学したのです。

勉強

うわべだけでは太刀打ちできなかった高校の勉強

進学校に入学しましたが、

そこに集まる人たちは、私のようなものより、はるかに頭の良い人たちばかりでした。

小学生のころから、塾に通ったり、家庭教師をつけていた人もいました。

ですが中には、本当に頭の良い人たちが何人もいました。

もはや私のような、いい加減な勉強では何も太刀打ちできませんでした。

授業はますます、わからなくなり、テストは赤点を何とか回避するレベルです。

中学校の学習内容に比べて、急に量が増えたり難しくなったと、感じました。

順位でいうと、300人中280番ぐらいをいつもキープしていました。

何をやっても無理とわかった私は、恋愛に走った。

成績を取り戻すために、塾に行ったり、家庭教師をつけたりはしませんでした。

一応自分なりに参考書などを買って、時間を削って勉強しましたが、

一向に成績は上がりませんでした。

努力と言えば、

赤点を取らないこと、ちゃんと進級することでした。

何をやっても無駄とわかった私は、

将来のこともろくに考えず、適当にやり過ごしていました

勉強

反面中学生時代に味わった淡い恋愛が忘れられず、

好きな異性をつくっては、振り向かせることに没頭していました

その好きな人とは、相変わらず、表面的なものでの判断です。

とにかく私は自分のことは棚にあげ、外見が自分の好みでないとダメなのです。

本当に好きというより、誰か異性と付き合ってみたいという思いが強かったです

  

高校生時代は3人の人と接点をもち、そのうち1人が恋愛に発展した。

一人目の人ははサッカー部に所属していて、毎日グランドでボールをけっている姿がかっこいい。

だから好きになって、バレンタインデーにこっそりチョコと手紙を渡す、

という行動をとっていました。

ホワイトデーのお返事は、手紙に

「僕は今、勉強と部活で一生懸命なので恋愛は全く考えられません。ごめんなさい。」

と書いてありました。

二人目の人は、高総体の応援で友達と二人ででかけていた時のことでした。

他校の二人の男の子に「写真を撮ってください」と声をかけられたのです。

それから、数回遊んだりしました。

ですが、外見が私の好みではなかったので、断りました。

三人目は同じ部活の男の子で、

一番外見が好みだった人に

「歌手の○○のテープを貸して」と声をかけ、きっかけをつくりました。

そして付き合うように持っていくために、

「今度の休みに家に遊びに行っていい?」と行って家に押しかけました。

それを機に、二人は付き合うようになりました。

その時は、両想いだったから付き合ったと思っていました。

今思うと、お互いに異性と付き合うのが初めてで、

異性に対する興味から付き合うようになったと思います。

異性ってどういう感じなんだろう?と知りたくて付き合った感じです。

二人の手

その同じ部活の男の子とのファーストキス、そして遠距離恋愛へ。

勉強には全くエネルギーを注がなくなった私は、

彼との付き合いにエネルギーを使うようになりました。

毎日部活が終わると、二人きりで下校していました。

人の目も気にせずに。。。

そして学校中の人たちは、私たちのことを知らない人はいませんでした。

私の内面は、好きな人と結婚すると考えていました。

もっといろいろな人と付き合って、

色々な男の人を知ろうということは考えもしませんでした。

その当時の彼も、一応続いたら結婚しようと言ってくれました。

ですが高校時代は3年間で終わりです。

人それぞれ、決めた進路へ進んでいきます。

彼は県外の私立大学へ進学。

私は県内の公立短大へ進学。

二人は遠距離恋愛を始めるようになったのです。

高校三年の最後の部活の日、最後の帰り道、3月の満月の夜。

私は初めてファーストキスをその彼と体験しました

そして、数日後彼が県外へ引っ越して離れ離れになることを、とことん悲しみました。

涙が枯れるほど、泣きました。

私の心と体は、恋愛という魔力に、吸い取られていきました。

恋人

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

次の記事はコチラ↓↓↓

全てを恋愛にささげた、私の短大生活

タイトルとURLをコピーしました