惨めさを感じた小学生の私は、魔法使いに憧れた。

魔法と子供プロフィール

この記事では私の小学生時代にさかのぼります。

自分としては、

自分の人生を覚えているうちに、綴っておきたいという思いもあります。(笑)

前記事であるように、

幼少期に大事に育てられた私は、妹が生まれてから他者と比べ始めます。

比べて自分に惨めさを感じた私は、空想の世界へ足を踏み入れていきます。

私にとっては居心地の悪い小学校

自分の思いと両親の心配が現実をつくっていく。

小学校時代を振り返ると、私にとって、小学校は居心地の悪い所と記憶しています。

やはり幼少期の環境の影響か、大人ばかりに囲まれて育った私は、

子どもに囲まれることに不安を感じていました。

とにかく落ち着かないのです。

教室

また、自分は人と比べて、できが悪いんだと思っていました。

両親も「どうしてこの子は、子どもらしくなく不活発なんだろうか?

と心配していたようです。

自分も両親もこのような思いなので、

それ以降も、この思いのような現象がどんどん降りかかってきました。

今でこそ、引き寄せの法則を知ったので、

その現象は、親子の思いがつくっていると理解できます。

小学生の時の思い出

ネガティブな思い出

  • とにかく友達との遊び方が下手で、楽しめない。
  • 運動ができないのが目立って、かっこ悪い。
  • 運動ができないから、球技などはみんなに迷惑をかけてしまう。
  • 運動会は大嫌い。
  • 風邪をきっかけに体育を休むことが多くなって、先生に「ずる休み」と言われる。
  • 心のストレスが溜まって、食べ物に走りデブになる。(ポテトチップスと炭酸飲料の中毒に。。)
  • ますます外見も醜くなって、もてる女の子たちを羨ましく思うようになる。
  • 小学生高学年になると異性を意識する心が芽生える。
  • 外見が悪いのに異性を意識した振る舞いが、他の女の子の嫌悪感をかいみんなに嫌われる。
  • そして半年ほど学校を休みがちになる。両親はますます私を心配する。
  • 妹と一緒に美容院に行くと、いつも妹には「なんて可愛いの!」とみんなが声をかける。
  • 私には何も言ってくれない。実際、妹は18歳の時ミス○○に選ばれる。

ポジティブな思い出

  • それでも両親は色々心配してくれて、両親の愛情は感じていた。
  • 休みの日は家族そろって、どこかに出かけるのが楽しかった。
  • 子供のころから、動物を飼っていて癒されていた。(犬、猫、チャボ、インコ)
  • 学校の授業では、音楽と図工と家庭科が好きだった。
  • 家で本を読んだり、手芸をしたり、料理することは楽しみだった。

とても傷ついた心は、現実逃避を求めていった。

「クラスの全員が、あんたのこと嫌いだってよ。」の残酷な事実。

やはり小学生の思い出を一言でいうと、小学年高学年のころみんなに嫌われていた。

というところでしょうか。

先に書いたと思いますが、

私にも小学高学年になると、当然憧れの男の子などはいました。

バレンタインデーなどは、思い切ってチョコレートを渡したりしていましたが、

当然のごとく振られてしまいます。

そしてその男の子が別の女の子が実は好きだったとか、

色々なうわさも耳に入ってきます。

その頃は誰がもてるなど、話題にもなり、本当に私としては羨ましかったです。

私ももてるようになりたいと、自意識過剰な行動をとって、

私はみんなに嫌われてしまいました

この残酷な事実は、

やはり子供は正直ですから、私の耳にも自然に入ってきたのです。

1人対多数

それでも、そっと私を守ってくれた両親と先生。

この事実は、私自身もとても傷つきました。

今、我が子の母親となった私でも、我が子が嫌われているとなると傷つきます。

どんな親でも、みんなに愛されて幸せになってほしいと思っているはずです。

この事実を知った私は、恥ずかしくて、惨めで両親にさえも話せませんでした。

話せばますます、私も両親も傷つけると思ったからです。

それでも両親はそのことを知らなかったように、私を病院へ連れていったり、

気晴らしにどこかへ連れて行ってくれました。

今となっては、きっと知っていたと思います。

また、その時の先生は、きっと私の思いを陰で理解してくれていたと思います。

体育が苦手な私が、多数決で体育係になってしまい、私はもう精神的に限界が来ていました。

それで、ダメもとで私は、担任の先生の自宅に電話をしたのです。

先生の家には何度か遊びに行っていました。

先生は大人だから安心できるのです。

「先生、私を体育係から外してください。」

と震える声で言いました。

先生は理由も聞かずに「わかったよ。」

と言ってくれました。

そして翌日先生は

「○○さんの代わりに△△さんが体育係をやってちょうだい。」と。

それで何とか私は、学校生活を送れるようになりました。

当時は全く気付かなかったのですが、

今となっては両親、先生が守ってくれたと思います。

お陰様で今の私があるのです。

さまよう少女

何でもできる自分になりたいという思いが、非現実な世界を引き寄せた。

傷ついた私は、なんでもできて、かっこいい自分になりたい。

みんなに好かれたい、という強い思いがありました。

でも現実、無理だなとわかっていたので、

占いやおまじないの本を読むようになりました。

もしこの変えられない現実が、魔法のように変わっていくのなら、

なんて素敵なんだと思っていました。

そういうこの頃の思いが、

今の私のスピリチュアル好きをつくっていったのです。

その頃からずっと、

占いやスピリチュアル系の情報を引き寄せるようになったのです。

それ以降、私はそういう系統の本ばかりを読み、

首を突っ込むようになっていきました。

水晶

その頃も両親は私のことを、

どうしてこんな偏った本ばかり読むのだろう、と思っていたようです。

やっぱりなんか変わった子、と思っていたようです。

つくづく振り返ると、幼少期の環境の影響は多大なものがあるなあと思います。

なんとなくですが、そういう環境の元に生まれた私は、何か意味があるように感じます。

私の生い立ちに興味がある方は下記をクリックしてください。↓↓↓

人の生い立ちはその後の人生に影響を与える

妹が生まれて私に起こったネガティブな感情

引き寄せの法則に興味がある方は下記をクリックしてください。↓↓↓

無理にでも幼少期の幸せを思い出すメリットとは?

引き寄せ波動風水師リュウタさんの無料メルマガワーク

タイトルとURLをコピーしました